寒暖差アレルギー症状

ヘッダー

花粉症や鼻炎と症状が似ている寒暖差アレルギー

花粉症や鼻炎の人というのは、環境や季節によって咳やくしゃみが出たり、目が充血したり、鼻水がひどくなるなどの症状が寒暖差アレルギーとは異なりみられます。

しかし時として、こういった病気にかかっているわけでもないのにこれらの症状、特に鼻水がひどくなる人がいます。

これは気温の変化が激しい時期などによく見られる寒暖差アレルギーといわれるものです。

寒暖差アレルギー自体は、普段から多くの人が退官した経験があります。

たとえば、寒い時期に暖かい屋内に入ってしばらく経過したときや、温かい食べ物を食べているときなど、風邪でもないのにさらさらとした鼻水が止まらなくなることがあります。

これは、寒暖の差が激しくなったことによる刺激が鼻の奥に伝わり、血管の太さを急激に変化させることにより、鼻づまりや鼻水といったアレルギー性鼻炎に近い症状を引き起こしているためです。

この症状の原因は、温度の変化に合わせて体を調節している自律神経が乱れたことによるものです。

一般的に、自律神経による体温調整などで対応できる温度差は約7度と言われていますが、それ以上の温度差になると身体が完全にはその温度差に対応できなくなってしまいます。

一般的には筋肉量が少なく、体温が低く冷え症になりやすい成人女性の方が寒暖差アレルギーの症状が現れやすくなるといわれていますので、普段から体温が低い人、運動不足の人などはこういった症状をよく実感しがちです。

また、ダイエット中は栄養不足が慢性化しているため体温が下がりやすくなり、寒暖差アレルギーの症状がひどくなってしまう可能性が高いです。

寒暖差アレルギーは、アレルギーという病名にはなっているものの、アレルゲンによるものではありません。

医学的には血管運動性鼻炎と呼ばれており、寒暖差が穏やかになると何事もないように元に戻ります。

症状からの診断やチェックは寒暖差アレルギーは難しい

花粉症や鼻炎に近い症状のほかに、寒暖差アレルギーの鼻水による食欲不振や睡眠不足、イライラ、疲れやすくなるなど、自律神経の乱れによって引き起こされる症状を併発することもあります。

これが続くと体力がどんどん落ちていき、日常生活や仕事などで集中力が欠けたり、寒暖差アレルギーで判断能力が低下して悪影響を及ぼすこともありますので、あまりにも症状が重かったり、長期的に続く場合には要注意です。

また、長期的にこの症状を放置しておくとぜんそくになる恐れがありますので、頻繁に寒暖差が激しい時にこういった症状がみられる場合には、受診する方がよいでしょう。

ぜんそくによる死亡者は年間3000人近いといわれており、単なる体調不良と侮っていると、非常に危険です。

寒暖差アレルギーと一般的な類似症状の病気との違いを見分けるにはいくつかのポイントがあります。

たとえば、目が充血している場合にはアレルゲンによる反応がみられ、花粉症と考えられますが、充血せずに鼻水などの症状がみられるときには寒暖差によるものと疑われます。

また、鼻水の色が黄色であったり粘りのあるものの場合には、寒暖差アレルギーは花粉症や風邪ですが、透明で水っぽい鼻水の場合にはやはり寒暖差によるものでしょう。

発熱の場合も風邪の可能性が高くなっています。

寒暖差アレルギーは、ある程度予防することができます。

一番重要なのは自律神経のバランスを整えたり、急激な気温の変化に遭遇しないように気を付けることです。

長ネギやショウガなどの体を温めて血行を促進させる食品を積極的に摂取したり、ぬるめのお風呂に浸かってリラックスすることで体温を挙げたり、寒暖差アレルギーは自律神経の乱れを整えるとともに、衣服は外気の温度に適切なものを選び、汗をかいたらすぐに着替えて体温を失わないようにしたり、マスクなどで鼻の粘膜を保護して湿度も高くするなどの対策が効果的です。

自律神経を高める事で寒暖差アレルギーの症状を緩和

また、基礎体力をつけることは自律神経の調整機能を高めることにもつながりますし、寒暖差アレルギーは体温が高くなるため症状が現れにくくなるというメリットもあります。

激しいスポーツをする必要はなく、毎日散歩をしたり軽いストレッチをするなど、日常生活に取り入れてみるのもよいでしょう。

寒暖差アレルギーのサプリメントを取り入れて体調を改善したり、質の良い睡眠をとって体をしっかり休めるというのも効果的です。

逆に症状から気を付けたいのが、流行のファッションをするために薄着になることです。

前述のように、女性は冷え症になりやすいため寒暖差アレルギーを発症しやすくなっています。

しかし、女性は比較的薄着で出歩くことも多いため、寒い時期には乾燥と外気温の変化で自律神経がさらに乱れやすくなっています。

また、症状は夏場でもクーラーの効いている屋内に長時間いることが多い人の場合には、寒暖差アレルギーは外で対応できるような薄着をしていると体が冷えてしまいます。

寒暖差アレルギーの症状は冬や季節の変わり目に表れやすい

外出で汗をかいた後で何もせず涼しい部屋にいると、寒暖差アレルギーはそれだけで体温がどんどん奪われてしまいますので、夏場でも羽織るものやひざ掛けなど、温度調整ができるものを用意しておくようにしましょう。

どうしても薄着がしたいというときには、せめて寒いと感じたときにはおることができるようなものを常備しておくのも寒暖差アレルギーでは重要です。

一方で、肌寒くなったときに必要以上の厚着をすることも汗をかいて体温を失ってしまう結果につながりますので、注意が必要です。

面倒ではあっても、こまめに着替えをしたりマフラーや手袋、カーディガン、帽子などの小物で寒暖差アレルギーは調節するようにしましょう。

一般的に見て寒暖アレルギーの疑いがある症状が続く場合には、自分でできる対策はとりながら受診する必要もあります。

ぜんそくになりかけている場合もありますし、寒暖差によるものと思っていたところが、寒暖差アレルギーは予想外のアレルゲンに反応していたという可能性もあります。

耳鼻科などで相談して、血液検査でアレルゲンの有無を調べてもらうと、症状に見合った適切な対処をすることにもつながります。

症状がひどいときには鼻水を抑えたり、不快な症状を軽減させる投薬もしてもらえますので、寒暖差アレルギーは日常生活や仕事などに影響がある場合には利用したほうがよいでしょう。

乾燥も鼻やのどにダメージを与えますので、できるだけマスクを常備したり、室内では加湿器や空気清浄機であまり刺激のない環境づくりをしてみるなど、できる範囲でとれる寒暖差アレルギーの対策はたくさんあります。